banner

10年間の課題

会社設立から10年間の課題

会社設立するということは経営者も社員も必ず成功すると言う気持ちを強く持っていると思います。そうでなければ、会社設立しようとは考えません。しかし、言うは易く行うは難しで、実際に会社設立してみると思うように仕事が入らない現実にぶつかることがよくあります。会社設立から10年間は会社存続の危機に直面するような大きな問題が起こりやすく、倒産する可能性が高い期間といえます。この期間で起こりやすい問題を考えてみます。

会社設立当初は経営者も社員も同じ志を持った同士が集まると思います。会社の経営が軌道に乗るまでは給料が安くても、賛同してくれる人達かもしれません。しかし、毎月の経費を極力削っても、資本金が少ないので、仕事がない期間が長くなれば会社は倒産してしまいます。また、仕事を手に入れるために営業をしても、知名度もなければ、実績もない会社では顧客は簡単には信用してくれません。

信用がなければ、顧客から注文を受けることはできませんので、何度も営業をして顔を覚えてもらえれば、小口の注文をしてくれるかもしれません。小口のため、あまり利益にならない仕事でも、信用を得るためには受けることも重要です。

ここで、注意することは信用してもらうことと同時に信用できる顧客と取引できるかどうかです。もし、注文を受け、自社の商品やサービスを提供しても、売掛金が未回収になれば、資本金が十分あるわけではないので、倒産するリスクが高くなります。会社設立してから5年程度の間は比較的、信用力のある顧客先を選ぶことが多いのですが、5年から10年ぐらいになると顧客からの信用力ができることで、仕事が増え、忙しくなり、あまり顧客先の経営状態を把握しないで注文を受けてしまうことがあります。それによって売掛金が未回収により資本金が底をつき倒産することがあります。

自動車の運転免許を取得した1年目は運転するのに一生懸命で安全運転を心掛けますが、2年目になると運転にも余裕ができて、注意力が低下し、事故が起こりやすいといわれています。経営も似たように会社設立から5年までは会社が倒産しないように一生懸命、経営をしますが、5年から10年に少し余裕ができて注意力が低下し、倒産してしまうことがあります。この時期を乗り越えれば、顧客や金融会社からの信用力が高くなり、会社の資本も増加することで、大きな損失を出しても、すぐに倒産するようなリスクは低くなります。

Copyright(c) 2015 会社設立は難しくはありません All Rights Reserved.